メリット・デメリット
ボツリヌス注射とは!?

ボツリヌス注射は、ボツリヌス毒素を瞼に打つ治療法です。

ボツリヌス毒素は、たんぱく質の一種であるボツリヌス菌から作り出される菌です。

筋肉に注射することによって、筋肉を弛緩させることができ、過度に緊張してしまっている筋肉を緩めることができるのです。

現在の眼瞼痙攣に対する治療法としては、このボツリヌス注射がもっとも有効な治療法だと考えられているため、多くの場合は第一の選択肢として挙げられます。

ボツリヌス療法は特に個人差が出やすい治療方法であり、この治療法があっている方の場合には即効性がありますが、あっていない人の場合には何度打っても全く効果を実感することができません。治療費が高い

眼瞼痙攣で行われる治療の費用については、3割負担の方であっても、1回につき、1万5,000円ほどの治療費がかかります。

初診料や診察料など、諸々の金額を合わせると、もう少し治療費は高くなってきます。

これを高いとみるかどうかは人それぞれですが、少なくとも安いと感じる人は少ないのではないでしょうか。

実際に、眼科に相談してボツリヌス療法の金額を聞いて驚いてしまったという人も少なくないようなので、事前にどれくらいかかるものなのか?という知識は持っておいた方が良いでしょう。

\ 目の周りのピクピク対策! /

まぶたの緊張緩和クリームはこちら

タイトルとURLをコピーしました